アドレスホッパーのいいところとそうじゃないところ

お金はどのくらいかかる?

もしあなたがアドレスホッパーをやってみようかな、、と思ったら宿泊にかかる費用も心配になりますよね。
 
それは住む場所によります。おおよそ宿泊費は一般的に10万円から20万円といったところ。ゲストハウスがメインだと10万円、一人でプライバシー重視のホテル暮らしなら15万円。
 
アパートやマンションならもっと安く出来ますが、それでは定住することになってしまいます。節約するためというだけならアドレスホッパーには向いてないかも。

アクティブなあなたは毎日が発見の連続です

発見が好きといっても寝るところが無いと不安なのは当たり前。ですが結構なんとかなるものなんです。
予定を立てなくても意外と宿は取りはぐれることは無く、そこがまたアドレスホッパーの醍醐味と言えます。

対人関係に疲れたあなたにこそオススメです

もしあなたが人見知りするタイプだったら、逆にアドレスホッパーに挑戦してみるのもいいかも。
アドレスホッパーだって色々な人がいる訳で、、新しい自分を見つけるいいチャンスかもしれませんよ。

人見知りのアドレスホッパーさんにオススメなのがウイークリーマンション

ウイークリーマンションは一週間からOKで、家具や家電も使えて便利。
 
自分と向き合うにはうってつけで人恋しくなったらシェアハウスやゲストハウスに。そしてまた一人になりたかったらウイークリーマンションかマンスリーマンションに。
 
住む場所を選ぶことで生活スタイルやライフスタイルの選択肢が広がるんです。あなたの性格に合ったアドレスホッパーのやり方がきっと見つかるハズです。
 
人生の主役は外でもないあなたなんですから。 

 アドレスホッパーの持ち物

アドレスホッパーはスーツケースかゴロゴロ一つ、あとPCなどが入るリュックなど多くても二つまでで移動します。
 
なので今までの持ち物は処分するか整理する必要があります。そんな時に便利なのが貸し倉庫のサービス。レンタルボックス かトランクルームがオススメ。
 
ライフスタイルが激変しているこの時代にマッチしたサービスでダンボール一つからレンタルできる倉庫です

 
参考になれば嬉しいです