必見!アドレスホッパーで生きて行ける最良の方法 

 こんにちは!私は明子と言います。28歳の女子です。私の職業はITのエンジニア。パソコン1台さえあればどこででも仕事ができるという便利な職業で、もともと旅行が好きってこともあって実は家を借りていません。

 

28歳を女子って言っていいのかは疑問ですが(笑)それはおいといて、今日は私のレンタルボックスの使い方を皆さんにお話ししますね。
 
うまく話せるかわかりませんが、温かい心でお付き合いいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
 
まず、私の職業はITのエンジニアです。
 
パソコン1台さえあればどこででも仕事ができるという便利な職業なので、もともと旅行が好きってこともあって実は家を借りていません。
 
だからといって、ホームレスってわけじゃないですよ!(笑)今、密かに新しい生き方として注目されている「アドレスホッパー」っていうやつです。
 
では少し、アドレスホッパーについて説明しますね。
 
ものすごく簡単にいうと、定住しないというか、その時の気分でいろいろな土地を移動して、また次の町で気ままに暮らしていくっていう感じです。
 
耳慣れた言葉でいうと「バックパッカー」が一番イメージとして近いんじゃないかと思います。
 
いろいろな土地で友達もできるし、まず収入のかなりのウエイトを占める家賃や光熱費がかからないから、すごく節約できるしおかげで貯金も増えてきました。まさに一石二鳥って感じですね。
 
ちょっと長くなっちゃいましたね、すみません。
 
私の職業や生活スタイルを少しわかっていただいた上で、レンタルボックスについての話をしますね。
 
3年前にそれまで勤めていた百貨店でのインフォメーションの仕事を辞めて、一念発起してITエンジニアに転職しました。誘ってくれた先輩のすすめで、会社に所属せずにフリーになることにしました。
 
その先輩がアドレスホッパーで、とても生き生きとしていたことに憧れて、私も同じようなスタイルで生きてみることにしたんです。
 
幸い、先輩たちが仕事を回してくれたおかげでくいっぱぐれることはなくて済みました。本当に恵まれていますね私。
 
百貨店時代に住んでいたアパートをまず引き払うことにしたんですが、洋服とか家具はやっぱり思い出があって捨てがたいので、どこかに預けることにしました。
 
そこで見つけたのが、レンタルボックスです。幸い住んでいたアパートから徒歩15分の所に割と安めなレンタルボックスを見つけました。
 
しかも、管理費も更新料もタダということで即決!(笑)月々1万円未満で借りさせてもらってます。
 
実家はあるので住民票もちゃんとありますよ。
わが家が恋しくなったら実家に帰ってしばらくまったりしています。
 
みなさんも、こんな生活スタイルどうですか?
 

何かの参考になれば嬉しいです
 
アドレスホッパーメリットデメリット