アドレスホッパーって?メリット、デメリットと注意点

定住しない暮らし

定住しないって、なんかホームレスみたいですけどそうじゃなくて定住しない生活の種類は二つある、
一つはノマドワーカーでノマドとは「遊牧民」のこと。いろんな場所でお仕事ができる人で私みたいな人ですね。
会社でのややこしい人間関係からフリーでいられるのでお気楽ではあります。じゃあどこで寝泊まりするの?
 
私の友達のアドレスホッパーはゲストハウスで寝泊まりしていて、外国人やいろんな業種の人とのコミュニケーションを楽しんだり情報交換をしてます。
 
他にはデュアラー「デュアル(二重の)」と言って生活のベースが二つあるケースで東京などの都会と田舎にベースがあり仕事場と生活の場を分ける人たちなんです。
 
また農業やサーファーなど趣味を大切にする人たち。

アドレスホッパーのメリットとデメリット

なんと言ってもその日暮らしをするのはしんどいので、住む場所を探すのに苦労することで数週間か月単位で住む場所を探すのがめんどい。
 
なので移動前にしっかり調査しましょうね。
 
期間ごとに移動するので体力は必要。見ず知らずの土地に慣れたり環境に合わせる必要があるのでストレスが溜まることも。
 
逆に言えば新しい環境を楽しんだり気分転換にもなるんです。環境が変わると眠れない人はマイ枕持参がオススメ。 
 
あと、場所によっては滞在費がかさんでしまうこともありますが水道費、光熱費、家賃などの固定費がいらないのでやりくり次第で安くすることが出来ます。

新しい暮らし

アドレスホッパーは家具や家電製品を持ち歩く必要がなく、家賃契約という縛りがなく手軽にマイペースで生活が送れるんです。気に入ったらそこに定住という手も。
 
人と会うのが苦手なら個室、コミュニケーションが好きならいろいろな人と出会えるシェアハウスがオススメです。自分の視野や可能性を広げることが出来、鉄道ファンなら全国駅巡りだって楽しそう。

家を持たない生活の準備

まずは実家やシェアオフィスに住民票を移しましょう
 
アドレスホッパーは定住地がないので住民票は必要です。なぜなら所得税や住民税は必要費なのでどこかに住民票をおかないと生活がスムーズに送れませんが、それさえ済めばお気楽に人生を送れるというもの。
 
郵便物は私書箱を利用する
ホテルやシェアハウスでの長期滞在の場合は郵便物や荷物の受け取りに、あなたの滞在している場所の住所を利用すると便利。
 
私書箱なら生活の場所が変わっても大切な書類など、間違えなく受け取れますよ。
 

 アドレスホッパーの準備

アドレスホッパーの生活することを決めたら、事前にクレジットカードを作成しましょう。定住地がないと、クレジットカードやローンの審査の際に落ちてしまうことがあるため。
 
ローン審査は居住契約の形態も審査要素となり、持ち家か賃貸かといった項目もあります。
 
ホテルやシェアハウスなどの住所はダメで、クレジットカードの定期的な支払いや安定的な返済における不安要素になってしまいます。
 
絶対に契約できないわけではありませんが、クレジットカードの審査などを安心して進めるために実家や今住んでいるところで申請しておくと安心。